<< サルバドールの朝:映画 | main | ナッシング:映画 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

カポーティ:映画

カポーティ コレクターズ

今回紹介する映画は、一家惨殺事件をノンフィクション小説として描いた、 「冷血」が出来るまでを描いた作品の『カポーティ』です。

カポーティ:ストーリー

カポーティ:映画

農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。

ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは事件のあったカンザス州に向かうことを決心する。

カポーティは一家惨殺事件の殺人犯に強い関心を抱き、自分の作品の素材にすべく取材を重ねていく過程で、カポーティ自身がこの犯人の内面に自分と似たものを発見するというところから、この作品は面白い。

ゆえにカポーティと犯人の会話シーンが、緊張感が伝わってきます。

この作品の完成度は高いと思います。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


at 04:15, 映画好き, 映画か行

comments(1), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト


at 04:15, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
ツボ, 2009/02/28 2:39 PM

ちょっと、気になっている作品です。

小説家とは、関係ないのですね・・・










trackback
url:http://eiga-suki.jugem.jp/trackback/260
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
search this site.
おすすめサイト紹介
  • 薬剤師 転職
  • 転職サイトならDODA
  • 電話占い
  • キャッシング 比較
  • フコイダン
  • ショッピングカートならカラーミーショップ
  • 不動産担保ローン
  • 医療保険 キュア
  • バイク保険
  • アロマオイル
  • マージャンは
  • sponsored links
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。